不動産担保ローンと高評価物件

不動産担保ローンを利用するのであれば、当然ですが借りる側としては、担保に入れる土地や建物を高評価してもらいたと思うのが当然です。

そういった評価が高くなるような物件は、なかなかないと思われるかもしれません。

ですが実は高評価、高額査定になる物件というのは、実はあります。

ではどのような物件が、不動産担保ローンでは、高評価になるのでしょうか?それはまず路線価の高い場所の土地、土地の評価が高い場所というのは、当然ですが高評価になります。

また評価が高い場所ということは、当然ですが人気の地域ということになります。

また土地は形状がよく、広くて日当たりのいい土地の方が、評価は高くなります。

ですが土地だけ、もしくは土地がメインで不動産担保ローンの借り入れの際に有利になるのかというと、決してそうではありません。

もちろん担保を評価するには、土地だけに限らずもちろん建物だって評価の際にはきちんとみられています。

では建物は、どういった点を見られているのでしょうか?建物は個人の場合では木造建築で建てられている方が多いかと思いますが、実は不動産担保ローンでは、木造建築よりも鉄筋・RC構造の方が高評価になります。

またもちろんですが、建物は築年数が浅く状態のいい物件の方が高評価になります。

このように不動産担保ローンでは、土地や建物の評価では、やはりいざ担保を処分しなければいけなくなった場合に、売りやすい物件が高評価になります。

Comments are closed.