銀行の不動産担保ローンの特徴

不動産担保ローンというのは、自己の所有する土地や建物を担保に入れて、ある程度まとまったお金を融通するローンのことですが、借入額というのは、もちろん担保に入れる土地や建物の評価を基に算出されるとしており、担保に入れる物件によっては多額の借り入れも可能ですが、評価の低い物件となると借入額も低くなってしまいかねません。

しかも不動産担保ローンでは、借入可能額というのは、評価額の6割から8割であると言われているのです。

ではこの不動産担保ローンというのは、一体どこで借り入れできるのでしょうか?通常不動産担保ローンというと、銀行というイメージがあるかもしれませんが、実は銀行以外でも不動産担保ローンというのは利用することが出来ます。

ですが通常利用する人々には、不動産担保ローンというと、銀行というイメージがありますが、なぜなのでしょうか。

銀行は事業を営む方が融資の相談に来た場合に、よく不動産担保ローンを推奨するようです。

それは不動産担保ローンというのは、利用者の個人情報も審査の対象としますが、それだけでなく建物や土地などの評価も大事にするために、その他の無担保ローンなどと比較しても、比較的審査が通過しやすいという特徴があるのです。

また銀行を利用する際のメリットして、同じ不動産担保ローンでも、金利が低いという特徴があると言われています。

ですがローンの詳細については、それぞれの銀行で確認してみないといけません。

■気になるサイト…住宅ローンの借り換えって、本当に有利なの? [1] : 知るぽると

Comments are closed.